読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっくんの頭の中

思ったことを発信していきます

格差のもとは知識の差

 

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という言葉があります

 

つまりこういうことです

 

人間が生まれた時は、皆同じ階級で、生まれつき高貴な人と賤しい者の差もなく、万物の霊長としての心と体で、自然界のあらゆるものを使って衣食住を賄っていた

 

一人一人が、人の邪魔をせず、自由に世渡りをしていたのだ、と

 

これはあの一万円札でおなじみの福沢諭吉が記した「学問のすすめ」の冒頭に出てくる一節を現代語に置き換えたものです

 

彼はこう述べています

 

賢人と愚人との差は、学ぶか、学ばないかによって生まれるものなのです

 

ただ学問をして物事をよく知る人は地位の高い金持ちになり、無学な人は、貧しい人になり、地位の低い人になるのです

 

学問のすすめの冒頭では「格差のもとは学問の有無にある」というタイトルで学問の力があるかないかによって差が生まれてくるということが述べられています

 

読み始めるや否や、これには頷けられた

 

確かに現代社会でも官僚や政治家に然り、頭のいい人が当然お金持ちになり、学歴が乏しい人には出来る仕事が限られてくる

 

この本を読み終えてやはり福沢諭吉は日本を代表する文化人であるということを認識させられた

 

しかもこれが約140年前に書かれれたものであるのに、現代社会にも通じる内容が多く書かれているということが驚きだ

 

 これは日本人として読んでおくべき本に違いない

学問のすすめ (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ1)

学問のすすめ (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ1)

 

 

ただ学歴関係なく高収入の仕事なんか世の中にはたくさんあると思う

 

語学に精通してる者なら、教師や通訳、翻訳なんかあるし

ルックスに自信がある者なら、モデルとかやればいい

専門知識があるならその道の仕事があるし

芸を持っていればメディア関連の仕事を目指せばいい

 

要は何が大事かっていうとその仕事に対しての知識も自信もないのに頑張って目指すよりも、今自分が持っている才能や特技、強みを生かしたことに対して努力を注ぐことだと思う

 

できないことに対して全力を注ぐよりも、できることに対して全力を注いだ方がはるかに生産的ではないだろうか?

 

自分の天職をみつけること

 

自分にはどんな才能があり、何ができるのか?

 

つまりは自分自身をより深く知ることこそ、人生のヒントが眠っているように思える

 

それにはやはり知識がものをいう

 

ここでいう知識というのは座学だけでなく経験によって培われた知識や、教養としての知識である

 

ただもともと知識がなくても自分のことが良くわかっており、どうすればいいかというのが感覚的にわかる者もいる

 

それも一種の才能であるが、そういった人はほんの一握りである

 

結局知識のある頭がいいやつが得をして、知識がない頭の固いものが損をする

 

それがこの現代の世の中

 

自分は合理主義者ではないが、そんなふうに世の中を捉えている

 

メンタルは強さは世界一だと思ってる楽観主義者のあっくんからの投稿でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

批判されることに価値がある

 

最近自分の身の回りでモデルやvinerのアンチが目立ってくるようになってきた

 

やはり有名になればなるほど批判してくる人は自然発生的に現れるものなのでしょう

 

SNSで友達が誹謗中傷されてるのを見ると切なく思えてくる

 

有名ブロガーや有名著者、芸能人、アイドルなんかもそうだ

 

やはり有名人には必ずと言っていいほどアンチが存在する

 

だがそういったネットで批判する人たちには共通している点があることがご存知だろうか?

 

それは批判する人たちは批判される人よりも限りなく器が小さくて弱い人間であること

 

もしくは有名でもなければたいした影響力もなく、暇を持て余してるいわゆるネトウヨと呼ばれる人間である

 

初めて聞くという方に

matome.naver.jp

そして必ずと言っていいほど匿名で批判をしてくる

おそらく本名を晒してまで堂々と意見を言うことができないタチなのであろう

 

彼らは現実世界では特別何か凄いことを成し遂げたわけでもなく、人間的にも大したことが無いが、なぜかネットの世界ではえらく態度がでかい

 

もはや何を言っても嫉妬心からくる独りよがりの妬みにしか聞こえなくなってしまうのである

 

だからそういった批判や書き込みを見ていると悲しく思えて仕方がない

 

海外の大物アーティストや、大御所ラッパーなんかははっきりしていて潔い

 

堂々とメディアの前で他人の批判を言ってしまうからだ(ラップに関してはそもそもそういう文化がある)

 

ただそれは自分自身何か特定の分野で功を成した人であるので、日本のネトウヨが批判するのとでは、影響力説得力も桁違いに違う

 

また本当に強くて偉い人間というのはもはや他人の批判など一切口にしない

 

批判している労力も時間も全て自分が目標としていることに対して全身全霊を注いでいるからだ

 

彼らは無駄なことはしない

 

目標に向かって絶えず努力しているからだ

 

 

こうして考えてみると批判されることに価値があるように思えてくる

 

批判されるということは妬まれているということ、つまりは他人から羨ましがれる存在であるということだ

 

他人から羨ましがれるということは価値がある人間であるともとれる

 

必ずしも有名=価値のある人間とは限らないが、少なくとも有名人というのはより多くの人にとって価値がある、またはより多くの人に価値を提供することができるいうのはまぎれもない事実だ

 

他人の批判をする人は今一度考え直してみてほしい

 

「自分は本当にこの人よりも周りにとって価値のある人間なのか」

「この人を批判できるほど自分は何かを成し遂げた偉くて強い人間なのか」

 

ただ今まで言ってきたことは何も他人を批判するなということではない

 

老若男女問わず、批判に筋が通っていればそれは意見である

 

批判に全くもって筋が通ってなければそれは単なる誹謗中傷である

 

このことを忘れてはならない

 

批判するのではなく批判されることに価値があるのです

 

まずは他人を批判する前に自分が価値のある人間になってください

 

まわりにとってより多くの価値を提供できたものが成功者です

 

知識という価値を提供するのが好きなあっくんからの投稿でした

 

 

平均的日本人

 

平均的日本人とはなんだろうか

 

遠まわしの表現?空気を読む?意見を言わない?コミュ障?受け身の姿勢?世間体を気にする?

 

良くも悪くも俺はそういったことを好ましく思わない

 

生まれも育ちも日本で江戸っ子でありながらも、なぜか小さい時からある意味日本人離れした自分が時々不思議に思えて仕方がない

 

そもそも人見知りという概念すら高校の時に知ったぐらいだ

 

池上彰さんの本を読んでて知ったのだが、日本にはどうも海外にはない空気を読む文化があるらしい

 

言葉を出さずに相手や周りを察すること

 

ただそれがいささかコミュニケーションの障害になっているように思える

 

これを読んでみてほしい

 

www.madameriri.com

 

特にドイツでは空気を読んで何も言わないことは意見がないか、自信がないかというふうに見られるそう

 

あと日本人が得意とする遠まわし表現

 

英語の真逆

 

そりゃ日本人は英語しゃべれないわ

 

日本人が英語をしゃべれない大きな要因は環境だけど

 

特に政治家は遠まわし表現のスペシャリスト

 

彼らは自分に都合が悪いこととなると、ことあるごとにうまく言葉を濁し責任から逃れようとする

 

ある意味政治家は日本語がうまい日本人とも言える

 

英語が話せない政治家が世界で発言したら同時通訳者はさぞ大変に違いない

 

自分はものごとははっきり言うタイプだ

 

自己主張が日本人の中では突出している

 

まるでフランス人のように

 

特に自己主張の強さが如実に表れているのはフランス人のダンサーである

 

彼らはバトルで見ていてもわかるがかなり主張が強く、表現力が高い

 

有名どころで行くとLes Twinsなんかいい例だろう

 

彼らのダンサーとしての影響力というのは凄まじいものだ

www.youtube.com

 

知らない人は一度見てほしい

 

とまあここまで日本人を批判したような書き方をしたが事実この本を読めば納得してもらえるかもしれない

 

今まで読んできた本の中でもかなり印象に残っている本のうちの一つである

 

www.amazon.co.jp

とにかくこれはすべての日本人が読んでおいて損はない

 

 

つまり何が言いたいかって?

 

俺は絶対に平均的日本人だけにはなりたくない

 

決められたレールに沿って、ただ溢れる情報に流され、自分の頭で考えようとせずいつまでも受け身の姿勢のまま

 

安定は求めない

 

だってみんなと同じじゃつまらないでしょ

 

みんなちがってみんないい

 

生まれ変われるなら黒人になりたいあっくんからの投稿でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百害あって一利なし

 

自分は健康が何より一番だと思っているので決してタバコは吸わない人だ

 

しかし友達にはわりとタバコを吸う人が多いが(特にダンサー)なかには禁煙を試みるものも何人かいる

 

そこでたまたま読んでいた本にタバコを吸いたくなった時の気を紛らせる行動が書いてあったので紹介しようと思う

 

まず喫煙には2つの依存性があると言われている

 

一つはニコチン依存

 

ニコチンが切れると「イライラする」「集中できない」といった症状が現れる

 

1日25本以上吸う人、朝起きた後にすぐ喫煙する人はニコチン依存の可能性が高い

 

もう一つは心理的依存で、長年吸ってきたことによる習慣的な依存

 

「タバコがないと口寂しい」「間がもたない」などが原因で、タバコの本数が少ない人、起床後30分以上経ってから吸う人は心理的依存の度合いが高い

 

特に心理的依存を断ち切るには、タバコを吸う習慣そのものを見直すことが大切

 

『イライラするとき』

・熱いお茶を飲む

・音楽を聴く

・ストレッチをする

・人と話をする

 

『口寂しいとき』

・歯磨きをする

・ガムやスルメを噛む

 

などタバコが吸いたくなった時はこういった行動をすることで気をまぎらすことができるそうです

 

〈参考〉

面白いほどよくわかる!他人の心理学

面白いほどよくわかる!他人の心理学

 

 

ちなみに最近話題の水タバコ

 

実は良くないという記事を見つけたので是非興味ある方は読んでみてください

 

中東などで古くから吸われ、近年欧米や日本でも人気が出始めている水たばこに関し、世界保健機関 (WHO)は29日、「煙が水を通るので害が少ない」との認識は誤りだとして、紙巻きたばこと同様の規制を求める報告書を発表した
 WHOのたばこ製品規制研究部会が5月31日の世界禁煙デーにあわせて研究結果をまとめた
 報告書によると、紙巻きたばこは1本吸うのに平均5~7分間で8~12回煙を吸入する。一方、水たばこは20~80分かけて50~200回吸入するため、吸い込む煙の量は、紙巻きたばこ100本分にもなるという。ニコチンが一部水に吸収されるのは事実だが、水たばこは1回に吸収するニコチン濃度が低いことから「満足感を得るために結果的により多くの煙を吸うことになり、付随する一酸化炭素など有害物質もその分多く摂取する」と指摘している

 水たばこは16世紀にインドで生まれ、南アジア、中東、北アフリカに普及。様々な香りをつけて楽しむことができ、「害が少ない」というふれ込みで、世界各地で人気が広がっている。日本でも近年、都市部のアラブ系レストランやカフェを中心に吸える場所が増え、若者を中心に人気が出始めているという 

 

タバコなんて百害あって一利なし

 

ただしそうとは限らないとする記事もあるようなのでそちらも参考にしてみてください

 

matome.naver.jp

 

しかし値上がりが進んでいくタバコにお金を浪費するより、自分の成長につながるものにお金を投資する方が賢い選択ではないでしょうか?

 

浪費より自己投資

 

電車賃をもケチるあっくんからの投稿でした

 

 

 

 

 

リベラルアーツ

 

自分がやってきたことは正しかった心からと思えるようになった一冊がある

 

 

この本だ

 

高校3年生の頃、受験科目以外の政治経済や倫理学などが大好きで夢中になって勉強したり、大学に入っても教養科目の哲学や心理学などはSとかとったりするほどだった

 

しかし自分の専門科目とまったく関係ない教養科目こそ、勉強することで将来に繋がるということがこの本を読み終えて確信した

 

池上彰の本は高校の頃、古典の授業があまりにもつまらなすぎて授業中に隠れながら読んでいたらかなり面白くてハマってしまった

 

説明や例えが非常に分かりやすく説得力があり、客観的でありながらも主張に筋が通っていて実に素晴らしいジャーナリストである

 

本やテレビ、雑誌などかなりの有名人になったが、このような人が現代の日本に必要とされているからこそだと思う

 

かなり面白い内容だったので、今でも印象に残った内容を他人に話すほどである

 

特に日本の大学とアメリカの大学の違いについて述べられているところには非常に興味が惹かれた

 

リベラルアーツに関する記事があるのでそれを参照してみてほしい

 

times.sanpou-s.net

 

リベラルアーツがイメージできない人は最近メディアで取り上げられて話題になっている秋田の国際教養大学なんかをイメージしていただけるとわかりやすいかもしれない

 

グローバル人材が求められる今だからこそ、この本は大学生やビジネスマンに読んでほしい

 

特に東工大生、というよりバリバリの理系人間にこそ読むべき本である

 

とにかく内容が面白くてすぐ人に教えたくなるような話題ばかり

 

文化人類学者の上田紀行さんの「日本人が無宗教なんてウソです」という話には驚嘆させられました

 

そのほかにも池上彰さんの鋭い返しやユーモアある発言には感心させられます

 

素晴らしい名書なので自信を持っておすすめする本ですね

 

池上さん最近どんだけ儲かってんだって思ってるあっくんからの投稿でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩くときもレース志向

 

俺は一人でいるときの歩くスピードがかなり早い

 

それはまるでレースのような勢いだ

 

ではなぜそこまで歩くスピードが速いのか

 

答えは実に単純明快である

 

「歩いてる時間がもったいないから」

 

できるビジネスパースンは歩いてる時間も無駄にしない

 

ちなみに自分の場合は歩くときはイヤホンをつけ英語のリスニングをしながらマンブリングしている

もしくは歩きながら読書をするときもある

 

隙間時間を有効に活用したいからだ

 

時間がないと言ってる奴は愚かであることに最近気がついた

 

自分も少し前までは時間がなくてかなり葛藤していたがいろんなビジネス書を読んでいくうちに考え方が180度変わっていった

 

時間がないからできないのではなく、時間をつくろうとしないからできないのである

 

そして特に大事なのが何事も楽しむことである

 

自分はレース志向のサイクリストであるがゆえに歩くときも常に目の前にいるものを抜かす癖がある

 

他人よりもより早く、そしてより抜きん出た存在になるために

 

そんな思いもあるかもしれない

 

日本人の徒歩の遅さにたまに苛立つことがあるあっくんからの投稿でした

失敗学のすゝめ

 

俺はとにかくミスが多い

 

計算のケアレスミスだったり、仕事中でのミスだったり、スケジュール管理やお金に関してなどあらゆることで数々の失敗を経験してきた

 

特に大学受験期のケアレスミスに関しては本当に苦悩の毎日であった

 

ケアレスミスさえなければ何点も取れたのになんてしょっちゅう嘆いてた

 

またある時はあまりの突飛なミスで自分に対して驚きのあまり頭が真っ白になった経験もある

 

あの頃は勉強やテストのケアレスミスにかなり悩んでいた

 

そこである方法を思いつき実行していった

 

それは間違えた問題に対してどうすればよかったのかというものを図も入れたりしてまとめたノートを作ったのである

 

失敗を知識化したのである

 

それ以来ケアレスミスもだいぶ改善されて一度間違えた問題はミスしなくなっていった

 

成績もそれにつれ上がっていったのである

 

ここで自分は教訓を得た

 

一度間違えた問題は二度と間違えないようにする

 

失敗を教訓化することである

 

それから3年後、ある一冊の本と出会った

 

 

最短コースで成功に迎える人は、ミスを出さない人である

 

その強烈な見出しのメッセージから思わず手に取ってしまった本である

 

自分が特に共感したところや面白いと思ったところを以下にまとめてみた

 

・似ている失敗例を頭に入れておけば、7割のミスは事前に防げる

・「いい情報」より「悪い情報」をいち早く伝えるようにする

・ミスは隠せば隠そうとするほど、自分が痛い目にあう

・小さなトラブルや軽い事故の背景には、大きな事故が潜んでいる

・「普段とは違う点」はミスが発生しやすいので、気を配っておく

・プライドやこれまでのコストが邪魔をして、ミスをミスと認めない場合がある

・常識は8割正しい、しかし残りの2割は間違い

・天才的なアイデアは、偶然起きた失敗から生まれることが多い

・「当事者意識」「使命感」が、失敗をリカバーする最高のモチベーション

 

失敗を教訓化、知識化し成功することがこの本で最終的に伝えたいことであったのが非常によくわかった

 

これこそまさに自分が受験時代に気づいたことであり、楽観主義者の自分が信条にしている「ミスをしたときは軌道修正が大事」というものと共通している側面であった

 

ただし楽観的な考え方は時に失敗を招くこともよくあることを忘れてはいけない

 

どんな些細なミスでも軽視したりしてはいけないのだ

 

「1件の重大災害の裏には29件のかすり傷程度の軽災害があり、さらにその裏にはヒヤリとしたり、ハッとした300件の体験がある」

 

これは1929年にアメリカの損害保険会社のハインリッヒ氏が労働災害5000件を分析して導いた経験則からハインリッヒの法則と言われる

 

そして最後に究極的な言葉と出くわした

 

「愚者は体験(自分のミス)から学び、賢者は歴史(他人のミス)に学ぶ」

 

これを知って自分も仕事をする上で実行したことがある

 

自分はピザ屋のデリバリーの仕事をしているが、場所が渋谷だからがゆえに事故が多い

 

そこで自分は絶対に事故を起こしたくないので過去の事故からどんな事故がありどんな点に気をつけなければならないのかということに留意している

 

実際今まででバイクの事故は一度も起こしたことがない

 

結局自分のミスだけでなく、他人のミスも「他山の石」として知識化し、教訓化できる人が仕事ができる人なのであるということだ

 

そして何よりも大切なのは本で得た知識は実行しなければ意味がないということである

 

これは本当に自分が本を読む上で大切にしていることである

 

皆さんも本を読んで気づいたことや面白いと思えることがあったら何か実際にやってみるといいでしょう

 

そこで初めて行動することの重要性に気がつくことでしょう

 

それでもいろんなミスを連発し続けるあっくんからの投稿でした