あっくんの頭の中

思ったことを発信していきます

批判されることに価値がある

 

最近自分の身の回りでモデルやvinerのアンチが目立ってくるようになってきた

 

やはり有名になればなるほど批判してくる人は自然発生的に現れるものなのでしょう

 

SNSで友達が誹謗中傷されてるのを見ると切なく思えてくる

 

有名ブロガーや有名著者、芸能人、アイドルなんかもそうだ

 

やはり有名人には必ずと言っていいほどアンチが存在する

 

だがそういったネットで批判する人たちには共通している点があることがご存知だろうか?

 

それは批判する人たちは批判される人よりも限りなく器が小さくて弱い人間であること

 

もしくは有名でもなければたいした影響力もなく、暇を持て余してるいわゆるネトウヨと呼ばれる人間である

 

初めて聞くという方に

matome.naver.jp

そして必ずと言っていいほど匿名で批判をしてくる

おそらく本名を晒してまで堂々と意見を言うことができないタチなのであろう

 

彼らは現実世界では特別何か凄いことを成し遂げたわけでもなく、人間的にも大したことが無いが、なぜかネットの世界ではえらく態度がでかい

 

もはや何を言っても嫉妬心からくる独りよがりの妬みにしか聞こえなくなってしまうのである

 

だからそういった批判や書き込みを見ていると悲しく思えて仕方がない

 

海外の大物アーティストや、大御所ラッパーなんかははっきりしていて潔い

 

堂々とメディアの前で他人の批判を言ってしまうからだ(ラップに関してはそもそもそういう文化がある)

 

ただそれは自分自身何か特定の分野で功を成した人であるので、日本のネトウヨが批判するのとでは、影響力説得力も桁違いに違う

 

また本当に強くて偉い人間というのはもはや他人の批判など一切口にしない

 

批判している労力も時間も全て自分が目標としていることに対して全身全霊を注いでいるからだ

 

彼らは無駄なことはしない

 

目標に向かって絶えず努力しているからだ

 

 

こうして考えてみると批判されることに価値があるように思えてくる

 

批判されるということは妬まれているということ、つまりは他人から羨ましがれる存在であるということだ

 

他人から羨ましがれるということは価値がある人間であるともとれる

 

必ずしも有名=価値のある人間とは限らないが、少なくとも有名人というのはより多くの人にとって価値がある、またはより多くの人に価値を提供することができるいうのはまぎれもない事実だ

 

他人の批判をする人は今一度考え直してみてほしい

 

「自分は本当にこの人よりも周りにとって価値のある人間なのか」

「この人を批判できるほど自分は何かを成し遂げた偉くて強い人間なのか」

 

ただ今まで言ってきたことは何も他人を批判するなということではない

 

老若男女問わず、批判に筋が通っていればそれは意見である

 

批判に全くもって筋が通ってなければそれは単なる誹謗中傷である

 

このことを忘れてはならない

 

批判するのではなく批判されることに価値があるのです

 

まずは他人を批判する前に自分が価値のある人間になってください

 

まわりにとってより多くの価値を提供できたものが成功者です

 

知識という価値を提供するのが好きなあっくんからの投稿でした